テレワークインターン生作成のインタビュー記事 No.2

2017年7月26日
7月18日から7月20日の3日間、計2名の若者がダンクソフトで「テレワークインターン」を行いました。認定NPO法人育て上げネット様(東京都立川市)とふなばし地域若者サポートステーション様(千葉県船橋市)のオフィスからテレワークを活用したインターンです。
この記事は認定NPO法人育て上げネット様にいて、WEB会議を利用してテレワークインターンを行ったSさんが作成した記事です。Sさんは2日間の参加でしたが、短時間でインタビューからWEBページ作成まで完成させました。

DUNKSOFT 稲村さんに直撃!テレワークを活用した新しい働き方とは!?

今回はDUNKSOFT 稲村絵美里さんにインタビューを行い、レポートをまとめました。 稲村さんはDUNKSOFTのメールマガジン配信者であり、会社のニュースをまとめたものを毎月配信されています。現在は80人ほどの購読者がおり、毎回ご自身のコメントを添えることを楽しみにされているそうです。 幅広いの仕事をしている稲村さんは、イベントや商品の企画運営、営業フォロー等の仕事にも携わっています。 以下は事例の2つになります。
「テレワーク」 DUNKSOFTの社員が参画している、”あたらしい働き方プロジェクト”主催のイベント「TSUNAGU!」では、テレワーク(PC等の情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと)の啓蒙を目的としています。場所や時間に制約される働き方ではなく、新しい働き方の実現を志す人たちが集まって、事例紹介や参加者同士の対話するパートを行った後に懇親会も行うイベントで、参加者や登壇者みんなで情報共有をしています。
「ペーパーレス」 また、ペーパーレスを普及するためのセミナーも。DUNKSOFTでは、ペーパーレスを推奨しています。ダンクソフトのペーパーレスとは、単に紙をなくす、何でもスキャンするのではなく、働き方改革の第一歩となるペーパーレスを目指しています。環境にやさしく、企業の懐にもやさしいペーパーレスは、優れた活動としてMicrosoftに紹介された実績もあります。
テレワークやペーパーレスなどを通じて、多様な働き方を広めること、いわゆるワークライフバランスの推進がDUNKSOFTの目的のひとつです。

稲村さん自身も

これらは稲村さん自身も実践している働き方です。 在宅勤務をすることで、往復2時間もかかっていた通勤時間を、そのまま仕事の時間に変えることができました。また、出先で仕事を片付けなければならないときにも、すぐにモバイルワークしています。資料がソフト化されているため、インターネットを介してすぐにとりかかることができます。
仕事を通して家族と触れ合う時間も増えました。 在宅勤務では、自宅にいることで子どもの面倒を見ることができ、精神的なゆとりを得られたといいます。テレワーク全般では、「カフェなどの社外の環境でも意外と集中できていて」と稲村さん。むしろ集中が長続きするせいで、働きすぎてしまうこともあるという話です。

柔軟な働き方から得られたもの

稲村さんは、テレワーク、ペーパーレスな仕事を通じて、人生が豊かになったといいます。リモートで働くということは、実質的に、仕事に費やす時間も無制限にあるということですが、私生活との線引きをするのは難しそうです。稲村さんのように、自分が集中できる環境を見つけることが大切なんですね。
ワークライフバランスに根差した働き方が普及していくといいですね。
Sさんが実際に作成した記事
 

関連記事