「ムスバル」利用規約

 

第一条(目的)
本規約は、本サービス、また当社が管理・運営する施設・設備・備品を、円滑かつ適正に利用していただくために必要な事項を定めたものです。

第二条(会員登録)
本サービスの利用を希望する場合、本規約の内容を理解し、これを承認した上で、所定の入会申込にて、本サービスの利用のために必要な情報を登録するものとします。
2.前項に定める登録を完了し、本サービスの会員として入会を認めた者に対し、本サービスの利用を認め、会員専用サイト(「以下、ダンクソフト・バザールバザール」)のID・パスワードを付与します。なお情報の内容が虚偽である場合、又は、虚偽のおそれがあると判断した場合、もしくは、相当の理由により不適切であると判断した場合は、登録又は本サービスの提供を拒否することができます。
3.会員は、会員情報に変更があった場合は、速やかに所定の方法により変更の手続きを行うものとし、当社は、当該変更手続きが行われなかったことにより、会員が不利益を被ったとしても、何らの責任を負わないものとします。なお、当社は、会員情報変更手続きが適切に行われない場合は、会員登録又は本サービスの提供を拒否することができます。

第三条(ID及びパスワードの管理)
会員は、ダンクソフト・バザールバザールID及びパスワード(以下「ID・パスワード」といいます)を、自己の責任において、管理するものとします。
2.当社は、会員本人以外がID・パスワードを使用して行った行為についても、会員本人の行為とみなします。
3.会員は、ID・パスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買等をすることはできないものとします。
4.ID・パスワードの管理不備、第三者の不正使用等が原因で会員が被った損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
5.会員は、ID・パスワードを第三者に知られた場合、もしくは第三者によって不正に使用されている疑いのある場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。
6.当社は、本サービスの運用上又は技術上必要であると判断した場合、会員の承諾を得て、会員のID・パスワードを変更することができるものとします。ただし、緊急を要する場合等は、会員の承諾を要しないものとし、この場合、当社は、変更後速やかに、変更したID・パスワードを当該会員に通知するものとします。

第四条(退会及び会員資格の喪失)
会員は、所定の手続きを行うことにより、退会できるものとします。この場合、会員は、退会手続完了と同時に会員資格を喪失し、本サービスを利用できなくなります。
2.前項の規定にかかわらず、当社は、会員が第五条各号のいずれかに掲げる行為に該当する場合には、当社の判断により、会員資格を取り消すことができるものとします。
3.当社は、会員がその責に帰すべき事由により過去に本サービスの会員資格を失効されていることが判明したとき、又は、当社が提供する他のサービスにおいて当社の判断により、会員資格を取り消すことができるものとします。
4.当社は、会員に対して何らの通知をすることなく、かつその理由を開示することなく、前二項の処分を行うことができるものとします。
5.本条の規定により、退会及び会員資格を喪失した場合の会員情報は、利用されなくなってから一定期間経過後に消去又は破棄されます。

第五条(禁止事項)
本サービスの利用に際し、当社は、会員に対し、次に掲げる行為を禁止します。
当社において、会員が禁止事項に違反したと認めた場合、利用の一時停止、退会処分その他当社が必要と判断した措置を取ることができます。
(1)火気・危険物・動物・その他施設管理上不適切であると認められる物品の持込み。
(2)指定場所以外での喫煙、飲食。
(3)避難口及び避難通路の閉鎖。
(4)施設・備品を破損または汚損する行為。
(5)騒音、悪臭、振動を発する行為。
(6)ゴミ及び持込み物の放置。
(7)公序良俗に反する内容。
(8)過度なビジネスの勧誘。
(9)会員にケガを負わせる行為。
(10)当社や会員の物品を無断で持ち帰る行為。
(11)上記の他、当社が不適切と判断する行為。

第六条(施設の利用申請)
施設を利用しようとする会員は、別に定める利用申請を当社に提出し、利用許可を受けてください。

第七条(申請の審査及び受理)
当社は、申請を審査し、その内容が第八条に定める「施設利用の制限」に該当する場合は、申請を受理しません。
2 申請内容が、第八条に該当しないと認めるときは、申請を受理し、施設の利用が確定します。

第八条(施設利用の制限)
施設利用の内容が次の各号に該当する場合、施設利用を許可・承認することができません。
(1)公の秩序、又は善良な風俗を乱す恐れがあると認められるとき。
(2)集団的に、又は常習的に反社会的行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。
(3)法律、条例、規則、管理要領及びこの規約等に反するとき。
(4)施設などを損傷・滅失するおそれがあるとき。
(5)申請に虚偽があるとき。
(6)施設の他の会員に不都合や支障が生じる恐れがあると認められるとき。
(7)その他、施設の管理・運営上支障があると認められるとき。

第九条(施設の利用料金及び利用時間)
施設の利用料金及び利用時間は、別に定める「利用料金」「利用時間」のとおりです。

第十条(備品のレンタル)
施設でレンタルできる備品は、別に定める「レンタル備品一覧」のとおりです。
施設の利用申請時に当社担当者にご提出ください。

第十一条(施設の利用料金の支払い)
施設利用日に現地にて当社担当者に現金でお支払いください。

第十二条(利用の変更及び取消)
利用の日時、目的、内容等を変更し、又は利用を取り消そうとするときは、所定の届け出をし、当社の承認を得てください。
2 ご利用内容が次のいずれかに該当するときは、施設利用許可の取り消し、施設利用中止の措置を取ることがあります。
(1)施設の利用権利を第三者に譲渡、売買したとき。
(2)公の秩序、又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき。
(3)集団的に、又は常習的に反社会的行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。
(4)法律、条例、規則、管理要領及びこの規約等に反したとき。
(5)施設・備品などを損傷・滅失する恐れがあるとき。
(6)申請の虚偽の記載が判明したとき、又は利用を許可・承認した目的・内容と異なる目的・内容で利用しようとするとき。
(7)当社への届け出に不備があるとき。
(8)当社の指示に従わなかったとき及び、施設管理上支障があると認められるとき。

第十三条(会員の義務)
会員は、利用時間内は施設に常駐し、利用施設及び催事全般について適切な管理を行うこと。
2.会員は、当社担当者の指示に従うこと。
3.会員は、利用を終了したときは、速やかに原状に戻すこと。またレンタル備品がある場合は返却すること。

第十四条(賠償及び免責)
施設の管理・運営等において、会員に起因する損害が発生したときは、会員にその損害額を賠償していただきます。
2.会員が、この規約に記載されている事項に違反し、損害が発生した場合も、前項と同様に損害額を賠償していただきます。
3.施設の利用に伴う人身事故及び物品・展示品等の盗難・破損事故などの全ての事故について、当社に重大な過失が無い限り、当社は一切の責任を負いません。
4.利用許可又は承認の取消し、もしくは利用中止の措置により、会員に損害が生じる場合があっても、当社はその責任を負いません。

第十五条(本サービスの内容変更及び廃止等)
当社は、会員への事前の通知なしに本サービスの内容や名称を変更することができるものとします。また、この場合に、会員に不利益又は損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
2.当社は、会員に事前に通知することにより、本サービスを停止又は廃止することができるものとします。ただし、会員への通知は、ホームページ上で公表する方法等によるものとします。また、この場合、会員に不利益又は損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

第十六条(反社会的勢力に関する条項)
会員は、第1号のいずれかに該当し、もしくは第2号のいずれかに該当する行為をし、又は第1号に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、本サービスの提供が停止され、又は会員資格を取り消されても異議を申し立てないこと、また、これにより会員に損害が生じた場合でも、一切を会員の責任とすることに同意するものとします。
(1)会員は、申込みにあたり、現在、次のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。 
 (ア)暴力団、暴力団員、暴力団関係者その他の反社会的勢力(以下「暴力団等」といいます)
 (イ)暴力団等が経営を支配し、又は実質的に関与していると認められる関係を有すること
 (ウ)不当に暴力団等を利用していると認められる関係を有すること
 (ウ)暴力団等に対して資金を提供し、又は便宜を供与するなど関与していると認められる関係を有すること
 (エ)役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団等と社会的に非難されるべき関係を有すること
(2)自ら又は第三者を利用して次に該当する行為を行わないことを確約します。 
 (ア)暴力的な要求行為
 (イ)法的な責任を超えた不当な要求行為
 (ウ)取引に関して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
 (エ)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
 (オ)その他以上の行為に準ずる行為

第十七条(準拠法)
本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。

第十八条(管轄裁判所)
会員は、本規約に基づく取引に関して、当社との間に紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属裁判所とすることを異議なく承諾するものとします。


附則
この規約は、平成30年8月27日から施行する。