トップページ > 業務内容 > 新しい働き方インテグレーター

新しい働き方インテグレーター

ワークライフバランスからダイバーシティーの時代へ

仕事(WORK)とライフ(LIFE)のバランスではなくブレンドあるいはインテグレートが求められる時代。言い換えるとWORKをPLAYに昇華させる時代に入ってきた。PLAYを遊びと読み間違えて、仕事の終わりにすぐに遊びにいけることをワークライフバランスだと誤解?している方もいらっしゃるようですが、10月21日、日経ホールのテレワークのセミナーで基調講演を行った東大の伊藤元重教授はWORKからPLAYに仕事の質を変化する時代と仰っていた。

この場合のPLAYは何か?

スポーツや音楽のPLAYER プロの芸術家やアスリート。とことん技術を追求、昇華させることを生業とし、日々精進してレベルを上げていく。彼らにとってはPLAYそのものがLIFE WORKの介在する余地もないし、遊びとPLAYは別ものになる。 詳しくはこちら

今、求められているのは多様な働き方(ダイバーシティー)

グローバルな時代に様々な地域、文化がインターネット上、あるいはリアルで交流し、新たな価値創造がこの瞬間にも行われている。DUNKSOFTも トルコから海外インターンシップを経て、NOKIAよりもダンクソフトに就職したくて来日したTugrul、アルバイトで就労中の大学院生や、10年前にあまりにヒドイ会社と一旦辞めて、その10年間にこれだけ進化した会社も珍しいと再入社した女性社員をはじめ、徳島のサテライトオフィス2か所に3名など 人数の割には多様な働き方、新しい働き方が可能になっています。

「新しい働き方インテグレーター」

こういう新しい働き方に必要なICT技術、クラウドをベースにした最新技術と 経営視点から見た無駄のない業務フロー これらを統合、インテグレートして始めて、気持ちよく楽しく働くことが可能になります。

ペーパーレス、キャッシュレスから始める 見た目からマインドを変える 新しい働き方インテグレート。
未来を変えたいみなさまにぜひ、一度ご利用いただきたいと思っています。 お問い合わせはこちらまで

DUNKSOFTが実現したスキャナー無しでペーパーレスは実は、初めから「紙」を減らすということを意識して行ったプロジェクトではありませんでした。
2002年頃から社内改革を行い、いろいろな制度の制定や業務標準化を行いルールに沿って書面にて申請という当たり前の業務が増えてきました。 それにより、社内には開発・制作資料のほか、社内業務の紙が日に日に増えていく状況でした。
紙を管理するのが「面倒くさい」し、「頑張らない」ことで、手短な道具でなんとかならないかなという発想でスキャナー無しでペーパーレスを実現した事例をご紹介します。 続きはこちら