トップページ > ニュースリリース > 【イベント】若者UPオンラインインターン・インタビューその4

【イベント】若者UPオンラインインターン・インタビューその4

2017年3月14日
3月6日~10日まで、4名の若者がダンクソフトで”テレワーク”インターンを行いました。東京都立川市、認定NPO法人育て上げネット様のオフィスからダンクソフト社員にオンラインでインタビューをし、テレビ会議で指示を受けながら原稿を書き上げ、Webページの作成まで体験しました。
 
参考:若者UPの新しいチャレンジ「働き方改革」
(The Official Microsoft Japan Blogマイクロソフト公式ブログ)
https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_japan_corporate_blog/2017/03/13/170313_wakamono
 
以下はインターン生の皆さん4名がそれぞれ1人のダンクソフト社員を取材し、原稿を作成したインタビュー記事です。全4回をご披露させていただきます。
 
  No.1 高知スマートオフィス 片岡幸人
  No.2 室町オフィス 永田めぐみ
  No.3 室町オフィス/在宅勤務 中香織
  No.4 徳島スマートオフィス 大西翔太
  
【No.4 徳島スマートオフィス 大西翔太】

地元に帰ってやりたいことを続ける


徳島オフィス・プログラマー
大西翔太さんへのインタビュー

 
 
 
 

テレワークで働くことになったきっかけを教えて下さい。

ずっと関西に住んでいたので関西で転職活動をしていたのですが、その時はできれば徳島に帰りたいというくらいの気持ちはありましたが、絶対に帰るという風には思っていませんでした。ですが地元の徳島の転職エージェントからダンクソフトを紹介され、徳島で働けるのであればということで面接を受けて入社しました。
さらに、昨年の結婚を機に在宅勤務を考え始めました。今年子供も生まれるのでやはり育児とか家事の負担を軽減するために、在宅勤務というものを導入していこうと考え、今年に入ってから徐々に在宅勤務の回数を増やしています。

 
 

どのような業務をされていますか?

主にプログラミングです。現在のメインは自社ソフトである「ダンクソフト・バザールバザール」の開発です。それ以外には、他の会社さんから依頼されたシステムの開発、会社内で使っているシステムのメンテナンス、お客様先に出向いてITのコンサルをしたりアドバイスをしたりなどもしています。

 
 

在宅勤務をするにあたって、テレワーク環境をどのように整えましたか?

会社からPCが支給されるので、自分で用意したものといえばインターネット回線とPCにつなぐ外部のディスプレイや机、イスなどを用意しただけです。あとはツールとしてSkype for BusinessやBacklogなどの既存のサービスを組み合わせて在宅勤務をしています。

 
 

テレワークのメリットはなんだと思いますか?

僕が入社したころ、徳島のIT企業で僕みたいな新人を採用してくれるところはあまりなかったのですが、テレワークがあることによって本当は地元に帰りたいと思っている若い人達が、田舎でもどこでも働ける、場所にとらわれなくなるというのがメリットだと思います。また、在宅のメリットとして一番大きかったのが通勤時間の削減です。オフィスまで往復で2時間くらいかかるのですが、その時間をそのまま家事や育児、趣味の勉強やスポーツの時間などにあてることができていることが大きいです。

 
 

テレワーク(在宅勤務)での不安やデメリットをどう解消しているか教えてください。

入社したときからオフィスで使っているツールをそのまま在宅でも使っているので、その点での不安は特にありませんでした。気を付けていることは、オフィスと違ってすぐ目の前にいる上司に質問をすることはできませんし、不安がっていたらほかの人が気にかけてくれることは全くなくなるので、わからないことがあったら自分から積極的に聞きにいく、聞いたことをまとめて共有することは気を付けています。

 
 

オフィスワークに戻りたいと思いますか?

現在、週2日オフィス勤務で週3日在宅勤務なのですが、これを週5日オフィス勤務に戻したいとは思いません。それはやはり在宅勤務のメリットが大きくて、これから家事育児をしていくというときに、その時間が取れなくなると困るからです。また、この先育児の必要がなくなったとしても、育児以外のことにも時間が使えるので、できれば在宅勤務はそのまま続けたいと思っています。

 
 

ダンクソフトは社員の意見を積極的に取り入れる社風のように感じたのですが、大西さんはどう思われますか?

僕もそう思っています。僕が在宅勤務をしたいと言った時も下からの意見も取り入れてくれましたし、柔軟に対応してくれていると思っています。

 
 

まとめ

徳島にいても東京のオフィスと同じように、また在宅でも実際にオフィスに出勤しているのとほぼ変わらずに仕事をしていることを知り、驚きました。とはいえ、全く同じとはいかないようで、気を付けていることもあるとのことでした。テレワークという手段があれば自分に合った働き方を選択できるということが分かりました。これから先、テレワークを導入する企業が増えることで、多くの人が気持ちよく働き続けられるような時代がくるといいなと思いました。


 
 

インターン生の制作物紹介

インターン生にはWindowsアクセサリにある「メモ帳」を使ってWebページの作成をしていただきました。左側がメモ帳に打ち込んだページの画像で、右側がブラウザで開いた時の画像です。
(クリックで大きく表示されます。)