トップページ > 企業情報 > ワークライフバランス

ワークライフバランス

2006年の終わりの社内全体研修の最後に”時間は人生のために”(R)というメッセージを会社のテーマとして掲げました。
「売上を増やすだけの時代は終わった。より豊かな人生のためのサービスをDUNKSOFTの”サービス”で企業をそして個人に豊かさを提供する。」
そして2007年に作成しなおした会社案内の最後に文章をつけ加えました。(企業理念を参照してください)
英文のキャッチもその時に作成しました。"Love your life, love your time."(R)
お客さまも仕事だけでなくて余暇を大事に。そしてその豊かさを仕事に還元する。あるいは地域への社会貢献につなげて欲しい。

我々はそれを実現するためのITサービスを社員全員で考えていく。そういうテーマを推し進める中で、キャッシュレス続いて、気がついたらスキャナー無しでペーパーレスを実現。
伊豆高原ではアウトドアスポーツのNPOを支援。スポーツに触れながら、自然、環境を学ぶ地域貢献を支援しています。
今年、東京都の両立支援制度に認可され、中央区の取り組みにも積極的に参加しています。

スキャナー無しでペーパーレス、キャッシュレスを実現したオフィスの見学会も行っております。ITの効果的な利用法を是非、ご覧いただきたく社員一同お待ち申し上げております。

DUNKSOFTのスキャナー無しでペーパーレスの試みをお客様にも展開して社会に貢献(CSR)しようと考えています。

期待価値

スキャナー無しでペーパーレスを推進することで、きれいなオフィス クリアーデスク 個人情報保護などが可能になります。さらに作業の効率化やオフィス面積の有効活用など コスト削減にもつながります。(Microsoftの事例 参考リンク ) 

付加価値

紙がまず減ることによりCO2削減に貢献。さらにお客様からの利益の一部をDUNKSOFTが地域貢献活動(NPO 法人 Pine-Creek伊豆)に還元。 里山の再生PROJECTに寄付して、自然環境の保護教育や山林の伐採に貢献します。また将来的にはCO2の排出権をNPOが交換するなどエコサイクルの循環を自然に行える環境を整備します。

スキャナー無しでペーパーレスを推進することで自然環境保護や地域貢献 都市と地方の共存モデル さらにワークライフバランスの確立に寄与していきたいと考えています。 

賛同していただける組織(企業)、個人の参加、支援をお待ちしています。お問い合わせはCSR担当まで。

DUNKSOFTが実現したスキャナー無しでペーパーレスは実は、初めから「紙」を減らすということを意識して行ったプロジェクトではありませんでした。
2002年頃から社内改革を行い、いろいろな制度の制定や業務標準化を行いルールに沿って書面にて申請という当たり前の業務が増えてきました。 それにより、社内には開発・制作資料のほか、社内業務の紙が日に日に増えていく状況でした。
紙を管理するのが「面倒くさい」し、「頑張らない」ことで、手短な道具でなんとかならないかなという発想でスキャナー無しでペーパーレスを実現した事例をご紹介します。 続きはこちら

2008年度より始めましたDUNKSOFTの地域貢献活動、「Pine-Creek IZU」をご紹介します。 続きはこちら
10月22日に発売されたWindows7を利用して企業内情報を見直しませんか?
ワークライフバランス、両立支援の確立。相反する課題を楽しく達成するための手法を提供します。  続きはこちら