トップページ > 企業情報 > 次世代育成支援対策行動計画

次世代育成支援対策行動計画

全ての社員がダンクソフトの企業理念である「時間は人生のために®」を意識できる、働きやすい環境を作ることによって次世代育成支援の貢献につながるよう次のような行動計画を策定します。
計画期間
平成30年4月1日~平成32年3月31日までの2年間
内容

目標1

「いつでもどこでも仕事ができる」という社内意識を向上させるため、在宅勤務を含むテレワークを全従業員の80%以上に経験させ、社員が希望する場合およびオフィスへの出社が困難な場合に、社員が勤務場所を選択できるようにします。
対策

  • 在宅勤務やテレワークでの働き方の周知を行い、積極的にテレワークを行えるようにします。
  • テレワーク未経験の従業員に、テレワークを勧めます。

目標2

有給休暇の計画的な取得を推進します。有給休暇取得率と有給休暇事前申請率をかけたものを「有給休暇事前申請取得率」として、有給休暇事前申請従業員の80%以上が有給休暇事前取得申請率40%以上になるようにします。
対策

  • 現状把握のための調査・集計・分析を行います。
  • チームごとに有給休暇事前取得申請率を定期的に確認します。

目標3

既存の育児介護有給休暇の利用目的・取得方法を拡大し、不妊治療目的でも取得可能、さらに時間単位で取得可能な制度とします。
対策

  • 就業規則・社内規程についてのヒアリングを行います。
  • 就業規則の改正・従業員への周知を行います。