トップページ > DUNKSOFTのまかない料理 > 第1回 トップページの画像を選択した意味について

第1回 トップページの画像を選択した意味について

今回自社サイトのリニューアルは今年入社したS木さん、U井君、T口君、T田君の4名にS田さん監修で作成してきました。Photoshopなどのツールの使い方もままならない中、なんとか8月中にはメドはついたのですが、最後まで決まらなかったのがトップページに入れる画像でした。時間は人生のために(R)という商標に合わせて数十万種類の写真から選ばれた中で最後に残ったのが色鉛筆。カラフルなDUNKSOFTの社員のキャラクターを彷彿させ、ここから色とりどりのアイデアが生まれていくでしょう。

男の子が彼のおばあさんが手紙を書いているところで尋ねます。“それは僕についての話なの?”と。

おばあさんの答えは 大切のなのは言葉でなくて、使っているこの鉛筆“だと。

あなたがこの鉛筆のように育ってほしいと思っているわ。”

もしあなたが物事をなんとかしたいと思っているなら。それがあなたと世界を容易につないでくれる。”

‘1つめの性質:あなたには偉大な事を成し遂げる能力がある。でもあなたの進む道筋を示してくれる手があるの。

‘2つめの性質:時々、私は書くのを辞めて鉛筆削りを使う。それは鉛筆を少し傷つける。でもそれで鉛筆はずっと鋭く書きやすくなる。そう、あなたも痛みや悲しみを突き付けられることを学ばねばならない。

‘3つめの性質:鉛筆で書けば消しゴムを使って間違いを訂正できる。間違いを正すことが必ずしも悪い事ではない事を教えてくれる。これは正しい道を進み続けられる手助けになる。’

-後略
-「鉛筆のものがたり」 パウロコエーリョ “Like the flowing River”より 抜粋