トップページ > イベントセミナー

イベント・セミナーのご案内

今後の開催予定のイベント・セミナーをご紹介いたします。

【イベント】「とくしまサテライトオフィス視察ツアー2017」開催報告

2017年12月7日
2017年12月1日~2日にダンクソフトとサンケイツアーズと共同で募集した「とくしまサテライトオフィス視察ツアー」を開催しました。
今回のサテライトオフィス視察ツアーは、台風の影響もない12月に企画したところ、東京都・群馬県・千葉県・高知県などの企業やNPO・自治体など幅広い地域と多様な方にご参加いただきました。
地方創生サテライトオフィスはじまりの徳島県神山町(徳島県名西郡)と、大都市でも山間地域でもない新しい働き方のはじまった徳島県阿南市のそれぞれのサテライトオフィスを視察できる、内容盛りだくさんなツアーです。

神山町~阿南市 視察ツアー

Day 1 – 神山町そして阿南市(2017年12月1日)

徳島県では2010年より神山町に東京の企業がサテライトオフィスを開設したのを皮切りに、多様な働き方が可能なビジネスの場として地域の価値を高めてきました。そして新しい取り組みとして、古民家などがある小規模な地域に誘致していたサテライトオフィスを、中堅都市ででもある阿南市でも展開を始めました。Day 1では、サテライトオフィスの原点とこれからと、とくしまサテライトオフィスの実践者による対話をご覧いただきました。また、懇親会では阿南市の「連」にも登場いただき、参加者皆様で阿波踊り体験もあり、参加者同士の懇親も深まりました。
08:55 羽田空港発
10:10 徳島阿波おどり空港着
12:00 グリーンバレー(神山町)講演・神山町サテライトオフィス視察
13:00 昼食
15:00 阿南市役所 岩浅市長表敬
15:30 パネルディスカッション「地方創生と働き方改革~サテライトオフィスの未来」
18:00 懇親会
写真説明:ダンクソフト神山スマートオフィス視察(上段左)、神山町サテライトオフィス視察(上段右)、パネルディスカッション(下段左)、懇親会(下段右)

Day 2 – 阿南の新しい働き方(2017年12月2日)

Day 2では、阿南市で開設されているサテライトオフィスや、地域に雇用を創る事業「プロライター育成講座」の実際の様子、ダンクソフトの徳島スマートオフィスもご覧いただきました。
10:00 ホテル発
10:30 阿南高専 共創サテライトオフィス視察
12:00 昼食
13:30 プロライター育成講座視察
14:30 ダンクソフト徳島スマートオフィス視察
16:20 徳島阿波おどり空港発
17:55 羽田空港着
写真説明:阿南高専 共創サテライトオフィス視察(上段左)、プロライター育成講座視察(上段右)、ダンクソフト徳島スマートオフィス視察(下段左)

【イベント】「『RE-CREATION』サテライトオフィスプロジェクト写真展」開催報告

2017年12月6日
2017年11月6日~8日に「『RE-CREATION』サテライトオフィスプロジェクト写真展」をダンクソフトのスマートオフィスの1つでもあるGallery心(東京都台東区)で開催しました。
2011年、徳島県からはじまった「サテライトオフィスプロジェクト」。
全てのプロジェクトに携わってきた“サテライトオフィス・カメラマン”黒柳陽二郎氏のプロデュースで秘蔵写真を公開し、徳島県神山町、徳島県三好市、山口県萩市、北海道別海町を経て、新たに始まる「徳島県阿南市」の物語を素晴らしい写真とともご覧いただきました。
山間の古民家で働く姿や、各地域での地元の方との交流をしている写真には「楽しそう。こういう働き方がしたい」とお声をいただく一方、阿南市のような都市でのサテライトオフィスに、テレワークの広がりや進化を感じるという感想もいただきました。
今回のイベントでは、古民家ギャラリーの壁いっぱいに掲示した写真をご覧いただくだけでなく、3日間それぞれで同時開催プログラムも実施しました。

同時開催プログラム

地方創生雇用創出プロジェクト「プロライター育成講座」体験版

日時:2017年11月6日(月)18:00~20:00
2016年に徳島県阿南市からはじまった”未来をつくる学び”「プロライター育成講座」の体験講座を東京で開催しました。講座内容と実績のご紹介と、イシス編集学校の提供するカリキュラムの一部を体験できる魅力あふれるプログラムです。
講師はイシス編集学校学林局林頭の吉村堅樹氏。文章を書く基本となる情報の捉え方や構造化を新たな視点で見つけていくグループワークでは、初めて会った参加者様同士が、ああでもないこうでもないと頭を悩ませながらも、和気あいあいと情報編集を体験いただきました。
 

中央エフエム 出張生放送「バザールバザール・ライヴ」阿南市スペシャル

日時:2017年11月7日(火)18:00~19:30
阿南PROJECTのこれまでのサテライトオフィス実証実験や、プロライター育成講座、今年度の新施設や阿南高専との取組みなど、最新情報をプロジェクトに携わるメンバーならではの目線で、ラジオ、Facebookライブ配信でお伝えしました。
普段は中央エフエムのスタジオから生放送でお届けしている番組を、今回は特別に古民家ギャラリーから生配信。ゲストも多彩で、阿南市参与の床桜英二氏、産経新聞社新プロジェクト本部長赤崎一浩氏、株式会社クリエイターズマッチ代表取締役呉京樹氏、株式会社編集工学研究所エディット・スクール事業部長吉村堅樹氏、カメラマンの黒柳陽二郎氏と阿南市で行われたプロジェクトに関わった多くの方に、これまでとこれからの「生」の声をお話しいただきました。
 

阿南工業高等専門学校×ダンクソフト「共創プロジェクト×テレワークインターン」

日時:2017年11月8日(水)13:00~15:00
ダンクソフトと阿南工業高等専門学校の進める「共創プロジェクト」のご紹介と、テレワークを活用した採用活動である「テレワークインターン」のプログラムをご紹介しました。徳島県の阿南工業高等専門学校から東京のダンクソフトに来ているインターン生による「テレワークインターン」プログラムの体験報告も行いました。物語を使ったチームづくりのプログラムで、インターン生2名がそれぞれの「自分の物語」を発表し、参加いただいたお客様から感動したというコメントを多くいただきました。

【イベント】オンライン職業人講和に登壇

2017年9月21日
若者UPプロジェクト事務局主催の「職業人講和」にダンクソフトの星野晃一郎、衣笠純子、柳沼義智が登壇しました。
ダンクソフトは以前より、日本マイクロソフト株式会社と認定特定非営利活動法人育て上げネット(以下、育て上げネット)が連携して企画した、若者アッププロジェクトの取り組み「別海町留学」や「テレワークインターン」に協力しています。
今回は「職業人講和」イベントでダンクソフトがお話しさせていただいたのですが、開催方法はオンライン。各地のサポートステーションにはデザイン・IT・WEBデザインに関心がある若者とサポートステーションの支援者が集まり、WEB会議でダンクソフトと繋がりお話をさせていただきました。
星野からはダンクソフトの紹介や平均寿命が伸びている現代での学び直しなどを、衣笠はダンクソフトの求人内容やインターンで行っていただく内容をお話ししました。若者UPプロジェクトを利用してダンクソフトに入社した経験を持つ柳沼は、自身の経験を率直に話し、「一歩を踏み出す勇気を」と若者の背中をそっと後押ししました。
星野は「何歳からでも学び直しができる」と語り、自身が25歳の時にプログラミングを学び始めた時のノートも取り出し紹介。星野は今ではほとんどペンで字を書く機会が無いため、ともに登壇したダンクソフトメンバーが驚く場面もありました。
初めてであろうオンラインでの職業人講和のため、参加した若者の中には緊張している様子もみられましたが、質疑応答の時間では「どのような人がWEBの仕事をするのに向いている?」「オンラインでインターンをすると何が学べるの?」「一歩を踏み出す勇気を持った時のきっかけは?」など、若者や支援者から多くの質問もいただきました。
ダンクソフトでは、これからも多くの若者が就業できるような支援を日本マイクロソフトや育て上げネットとともに行って参ります。

【イベント】第4回「新しい働き方プロジェクトTSUNAGU!」開催しました

2017年9月21日
ダンクソフトのメンバーが参画するプロジェクト「新しい働き方プロジェクト」が9月12日にイベントを開催しました!
会場は、ダンクソフトの東上野スマートオフィスでもある古民家ギャラリー「GALLERY心」。
「新しい働き方プロジェクト」では、≪新しい働き方をリアルにつながり作っていこう それが、TSUNSGU!≫を合言葉に、まずは「テレワーク」をメインテーマにしたシリーズイベントを開催しています。
第4回目の今回のテーマは「働き方時代のテレワークとは」
働き方改革するための様々な方法や、東京都ライフ・ワーク・バランス認定企業が実践する取り組みの紹介を行いました。

第1部:リアル事例!ダンクソフトのテレワークとペーパーレス

株式会社ダンクソフトの今中徹也が登壇し、テレワークの基礎知識やサテライトオフィスを展開するメリットとデメリット、ダンクソフトの具体的な事例などをお話しをしました。ダンクソフトがサテライトオフィスを展開するきっかけや、運用できるようになるまでの経緯などは、これからテレワークを始めたいとお考えの方には特に興味深い話となりました。 
 

第2部:勤怠クラウドメーカーが社内実践する、働き方改革への取り組みご紹介

東京都ライフ・ワーク・バランス認定企業に2度認定されているエス・エー・エス株式会社の岡崎仁様より、会社独自の福利厚生や、働き方改革の取り組みなどをお話しいただきました。
2010年から在宅勤務のトライアルを開始し、現在はモバイルワークのトライアルも行っているとのことで、多様な働き方へのチャレンジについてもご紹介されました。在宅勤務を行っている、宮崎綾子様はテレビ会議で登壇いただきました。会場の皆様へモニター越しで在宅勤務の実情をお話いただき、質疑応答もテレビ会議を用いて行いました。エス・エー・エス株式会社様は、2018年度、事務所に縛られない働き方を実現するということで、トライアルを実施しているとのことで、今後の展開から目が離せません。
 
 

第3部:テレワーク実施企業を交えてのパネルディスカッション&参加者交流ダイアローグ

エス・エー・エス株式会社 岡崎仁様、ベストキンタイ研究所 落合敏弘様、株式会社JBMコンサルタント 中山隆暁様、株式会社ダンクソフト 今中徹也によるパネルディスカッションと、全員参加のダイアローグを行いました。3つのグループにわかれ、それぞれのテレワークに対する意見や、現在取り組んでいることをざっくばらんにお話いただきました。既にテレワークを実践されている方や、テレワークはほとんどされていないという方まで様々な環境のかた同士、日々の仕事で抱える課題や、取り組みなどの情報共有で会場の熱量は高くなっていました。
 

第4部:懇親会

ギャラリー1階に会場をうつし、第4部の懇親会です。登壇者や他の参加者ともフラットに会話できるのが、この懇親会の魅力であり、TSUNAGU!の醍醐味ともなっています。今回も制限時間ギリギリまで、熱い意見交換が繰り広げられました。

【セミナー】銚子お試しSOモニターツアーにてセミナーを開催しました

2017年9月20日
8月26・27日、千葉県銚子市において「つながる銚子お試しサテライトオフィスモニターツアー」が開催されました。これは、総務省のお試しサテライトオフィス事業を採択した銚子市が主催で開催された1泊2日のツアーです。
このツアーの2日目(27日)株式会社ダンクソフトは「テレワークセミナー」を開催しました。ツアー参加者の皆様に、銚子市天王台の地球が丸く見える展望館にお集まりいただき、ダンクソフトの実践しているICTを活用した働き方や、テレワーク体験、テレワーク検定の模擬試験等を受講していただきました。
セミナー会場は、330°に海が一望できる展望台の3階。こちらは銚子市のお試しサテライトオフィスに指定された場所です。眼下に海の広がる気持ちの良い場所でのセミナーとなりました。
 

 

テレワークセミナーメイントーク

今中徹也より、ダンクソフトのサテライトオフィスやテレワークの実例や、ICTを活用した働き方の紹介を行いました。サテライトオフィスのメリット・デメリットや、ペーパーレスオフィスの話に関して、画面の写真を撮ったりメモをとられる方が多く、関心の高さがうかがえました。
 

 

テレワーク体験

ダンクソフト東京オフィス(日本橋)から板林淳哉がテレビ会議システムを使い登場し、会場の皆様とテレワーク体験を行いました。時差もなく、またクリアな映像で繋がるテレビ会議システムに驚かれる方も多く、面前で会話するのと変わらない雰囲気でつい話し込んでしまうという場面もあり、じっくりと体験をしていただきました。
 

 

テレワーク検定・模擬試験

一般社団法人エコ・ペーパーレス協議会が主催したテレワーク検定※の模擬試験バージョンを会場の皆さま全員参加で行いました。(※テレワーク検定とは、テレワークを行う時の準備や心構えも踏まえた基本の「き」から、実際にテレワークを行っている時のコツも習得できるeラーニング検定です。)ダンクソフト東京オフィスの板林からテレビ会議システムを使って出題し、会場の皆さまは挙手で4択に回答するという形式で行いました。テレワークの基礎的内容に触れていただきました。

 

ICTを活用したテレワーク事例

テレワークを行う際の、具体的なICTの活用方法について、沼尻鉄平よりお話しました。会社を離れている際、ICTをどのように活用し業務効率をアップさせるのか、遠隔でデータの共有を行い会議を行う様子などを披露しました。受講者の皆様からは、どのような製品を使っているのかなど、より詳細な質問も多数寄せられました。